×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつの治療薬

うつに使われる薬の種類は、「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」「SSRI」「SNRI」などがあり、落ち込んだ気分を持ち上げる作用を持っています。現在主流になっている「SSRI」「SNRI」は副作用が少ないのですが、飲みはじめには副作用があらわれる場合もあります。これは子どもでも同じで薬物療法が基本です。飲み始めの一週間くらい、胃のむかむか感、食欲減退、口の渇き、眠気といった副作用が出ることがありますが、自然に消えていきます。

うつは正しい治療で克服できる

うつの克服には、ひとりで悩んでいても何もはじまらないのです。うつの克服をするためには、まず自分がうつであるということをきちんと認識するために、うつのチェックをおこなってみたり、うつの克服をするために病院に行くことです。医師を信じて治療をすることにより、うつの克服は必ずできるのです。うつの克服をするためには、病院へ行き、薬を貰い治療を受けることが大切です。また、うつの克服のために、カウンセリングセラピーなどをすることもおすすめします。カウンセリングセラピーで、自分のうつになった原因などがわかったり、将来に希望が持てたり、なによりどんどんため息の数が減ってきたりすることがあるようです。うつの克服をするには、自分一人ではなく、このようなカウンセリングセラピーの先生などと一緒にいろいろな話しをすることが有効です。うつ病になったのはあなたひとりのせいではないと思ってくださいね。うつの克服は、焦ってはいけません。

うつの治療

うつの治療の基本としてはとにかく「休む」ことです。うつは心の病です。「がんばりすぎている」ためにうつになるようなこともあるので、うつの治療のために、まずは心身ともに休養を取るということが大切になってくるのです。次いでうつの治療をするうえで、大切なことが担当医師とのコミュニケーションです。うつの治療は、ひとりではすることは難しいのです。担当医師を信頼して、少しでも不安なことがあればすぐに相談するなど、ひとつひとつ解決していく必要があります。うつの治療は、一般的に精神科というところで受けることになりますが、「精神科」というのも聞いただけでは、とても恐ろしい治療をされる場所なのではないか、というイメージがありますが、そんなことはありません。現代では、心の病をかかえた人はたくさんいます。なにも特別な病気ではありませんので安心してください。現代のうつの治療は薬物療法が主流です。